ある病院総合診療医の備忘録+α

関東在住の総合診療医・老年病専門医です。日々の学びの書き留め用に。 Twitterもはじめました。 @GHhrdtk

JC:流し読み

Acute pancreatitis in elderly patients: a single-center retrospective evaluation of clinical outcomes(Scand J Gastroenterol. 2019 Mar 24:1-7)

これまで急性膵炎において年齢の影響は議論があった
単施設後ろ向き研究での検討
65歳以上と65歳未満で比較すると死亡率は7.4% vs 1.9%,ICU入室率は18.9% vs 6.3%,入院期間は9d vs 7d。
多変量解析すると高齢(OR 3.5),Ransonスコアが高い(OR 5.52),壊死性膵炎(OR 8.6)が死亡の独立した危険因子だった

65歳以上の急性膵炎は思っているより予後が悪いかも、という研究


The Prevalence of Bladder Cancer During Cystoscopy for Asymptomatic Microscopic Hematuria.(Urology. 2019 Apr;126:34-38.)

無症候性の顕微的血尿に対する膀胱癌の研究
2118人中,膀胱癌は25人(1.2%)で全てが筋肉浸潤なしの尿路上皮癌
50歳未満では膀胱癌はない
加齢と喫煙歴が関連していた

低リスク患者にどこまで膀胱鏡をするべきなのかはさらなる研究が必要

A Randomized Controlled Trial on the Safety and Efficacy of Exenatide Therapy for the Inpatient Management of General Medicine and Surgery Patients With Type 2 Diabetes.
Diabetes Care. 2019 Mar;42(3):450-456.

非重症患者に対するエクセナチド単独 vs エクセナリド+基礎インスリン vs 基礎インスリンによる入院患者の血糖管理をした多施設非盲検無作為化

平均血糖はエクセナチド+基礎インスリン群(154±39)と基礎インスリン単独群(166±40)で有意差なく、エクセナチド単独群は高めだった(177±31)
エクセナチド+基礎インスリン群は他の群と比較して70-180mg/dl内におさまる確率が高かった(78% vs 62-63%)
エクセナチド使用群は嘔気や嘔吐が多く(10-11%),6%で中止になった

低血糖(54mg/dl未満)に有意差はなかった
 
入院患者の血糖コントロールにエクセナチド+基礎インスリンが有用かも