ある病院総合診療医の備忘録+α

関東在住の総合診療医・老年病専門医です。日々の学びの書き留め用に。 Twitterもはじめました。 @GHhrdtk

【JC 流し読み】終末期でもスタチンは中止されるか

Discontinuation of Statins in Veterans Admitted to Nursing Homes near the End of Life
J Am Geriatr Soc. 2020 Aug 12. doi: 10.1111/jgs.16727.

背景/目的:余命が限られている人(LLE)や認知症進行期(AD)の人にはスタチンを使用しないことが推奨されている。この研究では二次予防のためのスタチン内服をしている人を対象に老人ホーム入所後のスタチンが中止されているかを予測する要因を検討した
デザイン:後ろ向きコホート研究。
設定:冠動脈疾患,脳卒中,または2型糖尿病がある65歳以上の退役軍人で2009~2015年度に入所しLLEかADの基準を満たし,入所後1週間以内にスタチンが処方されていた人(13110人)
測定:スタチンの投与状況,死亡か退院による打ち切り,入所91日後,試験期間終了時,などの状況を確認した
結果:91日目までに31%でスタチンが中止された。ホスピス使用群のほうがスタチン中止率が有意に高かった(52% vs 25%)。ホスピス使用群では肥満,心不全,非病院からの入所の場合は中止されにくく,進行認知症,ADL障害,多い薬剤の服用などは中止されやすかった。ホスピス非使用群は高齢や予後不良群は中止されやすく,肥満患者は中止されにくかった。
結論:二次予防のためにスタチンを服用しているLLE/ADの人のほとんどでスタチンが中止されなかった。予後不良,ホスピス使用,予後不良因子などがあると中止されやすい。