ある病院総合診療医の備忘録+α

関東在住の総合診療医・老年病専門医です。日々の学びの書き留め用に。 Twitterもはじめました。 @GHhrdtk

【JC 流し読み】高齢者の薬剤に関してのupdate@2017

JAGSで紹介された2017年の薬剤に関する論文に関しての抜粋です(2018年と2019年版が続きます)

1.3種類以上の中枢神経に作用する薬剤(抗うつ薬,抗精神病薬,BZO,Z-drug,オピオイド受容体作動薬)が同時に処方された人の割合は増加傾向,特に痛みがある人でおきやすい(JAMA Intern Med. 2017 Apr 1;177(4):583-585)
2.高齢者の抗てんかん薬のアドヒアランスは悪いかも(Epilepsy Behav. 2017 Jan;66:68-73.)
3.長期療養施設では抗菌薬の使用量は多く,治療期間やUTI関連に焦点をあてるのがよさそう(J Am Med Dir Assoc. 2017 Dec 1;18(12):1098.e1-1098.e11.)
4.高齢者の入院の1割は薬剤の有害事象によるものでほとんどが予防可能,特にNSAIDsとβ-blocker(Eur J Clin Pharmacol. 2017 Jun;73(6):759-770.9

 
個人的にはβ-blockerによる有害事象で入院ってそこまで頻度は高くないような気がしますが...国や地域差なのでしょうか

 

Update on Medication Use Quality and Safety in Older Adults, 2017
J Am Geriatr Soc. 2018 Dec;66(12):2254-2258

①Trends in Central Nervous System-Active Polypharmacy Among Older Adults Seen in Outpatient Care in the United States
JAMA Intern Med. 2017 Apr 1;177(4):583-585

3種類以上の中枢神経に作用する薬剤(抗うつ薬,抗精神病薬,BZO,Z-drug,オピオイド受容体作動薬)が処方された人の割合を調べたところ2004年-2006年と比較して2011年-2013年の間に0.6%から1.4%に増加した。農村部在住と痛みがある人で起きやすい傾向にあった。

②Adherence to antiepileptic drugs among diverse older Americans on Part D Medicare
Epilepsy Behav. 2017 Jan;66:68-73.

高齢者のてんかん患者の1/3は抗てんかん薬のアドヒアランスがわるい
費用負担や貧困の影響に注意して調査する必要がある

③Utilization of Antibiotics in Long-Term Care Facilities in British Columbia, Canada
J Am Med Dir Assoc. 2017 Dec 1;18(12):1098.e1-1098.e11.

長期療養施設における抗菌薬の使用は一般と比較して多い
長期療養施設における抗菌薬適正使用は治療期間,UTIの適切な検出,尿路感染症予防につかわれる抗菌薬に焦点を当てるべきである

④Hospital admissions due to adverse drug reactions in the elderly. A meta-analysis
Eur J Clin Pharmacol. 2017 Jun;73(6):759-770.

 
高齢者の入院の1割は薬剤の有害事象によるもの
関連する薬剤はNSAIDs(2.5-33.3%),次にβ-blocker(1.8-66.7%)
それ以外に抗菌薬(1.1-22.2%),抗凝固薬(4.5-22.2%),ジゴキシン(1.6-18.8%),ACE阻害(5.5-23.4%),DM薬(4.5-22.2%),オピオイド(1.5-18.8%)
危険因子はポリファーマシーと特定の薬剤(抗凝固,オピオイド,DM薬)
ほとんどの有害事象は予防可能