ある病院総合診療医の備忘録+α

関東在住の総合診療医・老年病専門医です。日々の学びの書き留め用に。 Twitterもはじめました。 @GHhrdtk

【JC】DOAC内服でループスアンチコアグラントが偽陽性

DOAC内服でループスアンチコアグラント(LAC:lupus anticoagulant)が偽陽性になるようです。いままで知りませんでした。。。すみません。。。

(というか,これって結構わからん殺しの予感がっ!!?)

 

そもそも症状はどうなのか、陽性はLACのみで他は大丈夫なのか(LACのみ陽性なのかTriple positiveなのか...etc)でまた話は変わるとは思いますが一つの知識ということで。

Detection of lupus anticoagulant in the era of direct oral anticoagulants
Autoimmun Rev. 2017 Feb;16(2):173-178.

(ほんのちょっとだけ抜粋)
(LACの測定/検査方法,陽性基準に関してはここでは割愛させていただきます)

ヘパリンはワーファリンなどの薬剤がLACの検査結果に影響を与えることはよく知られている
→ヘパリンやVitK拮抗薬投与中の患者でLACを評価する場合は注意するようにいわれている
→低分子ヘパリンは中止して12時間後,VitK拮抗薬は中止して2週間後ないしPT-INR 1.5未満で検査を行うこと
(J Thromb Haemost 2009;7:1737–40.)

 

DOACなどの近年でた抗凝固薬は?


・直接トロンビン阻害薬やDOACでもLACは偽陽性になる
・特にダビガトラン,リバロキサバン,エドキサバンは影響が大きい
・アピキサバンはLAC偽陽性になりにくい
(リバロキサバン投与後,18-24時間たっていれば偽陽性が回避できるかもしれないという報告もあり)

現状,抗凝固薬内服中にLAC検査をするのは偽陽性があるので推奨されないという内容で勉強になりました