ある病院総合診療医の備忘録+α

関東在住の総合診療医・老年病専門医です。日々の学びの書き留め用に。 Twitterもはじめました。 @GHhrdtk

サルコペニア AWGSガイドライン(J Am Med Dir Assoc .2020;21:300-307.e2)

サルコペニア AWGSのガイドラインがupdateされていたことを最近しりました

ということで流し読み

より多くの医療者/患者群に適応になりように変化があり、評価にSPPBが組み込まれているのが個人的には好きです

Asian Working Group for Sarcopenia: 2019 Consensus Update on Sarcopenia Diagnosis and Treatment
J Am Med Dir Assoc .2020;21:300-307.e2


AWGS2014では
1.歩行速度 or 握力でスクリーニング
2.筋肉量を評価(BIAかDXA)
の2STEPだったのが色々変更になっています

 

より広い範囲で診療状況に応じたスクリーニングを、という意図を感じます

BIA,DXAに関しては変更なしですが筋力の値もそうですしSPPBやSARC-Fなど色々組み込まれています


①スクリーニング基準の変更

クリニック設定:大腿周囲径(男性34cm未満,女性33cm未満),SARC-F4項目以上,SARC-Calf/下腿周囲長とSARC-Fを組み合わせた指標で11以上,の3つのどれか

病院設定:クリニック設定の指標に加えて意図せぬ体重減少,うつ,認知機能障害,繰り返す転倒,慢性疾患(心不全,COPD,DM,CKD...etc)

②筋力(握力)の値が変更 男性:28kg未満 女性:18kg 未満 へ

③身体機能の指標は歩行速度(6m歩行で1.0m/秒未満),SPPBスコア9以下,5回の椅子立ちテスト12秒以上の3つのうちどれか

サルコペニアの診断関連

Possible Sarcopenia:筋力ないし身体機能低下
(Possibleの段階で運動や生活への介入をする)

Sarcopenia:筋量低下にくわえて筋力低下 or 身体機能低下
Severe Sarcopenia:筋量低下+筋力低下+身体機能低下

 

f:id:GeneralistCWTG:20201026210436p:plain