ある病院総合診療医の備忘録+α

関東在住の総合診療医・老年病専門医です。日々の学びの書き留め用に。 Twitterもはじめました。 @GHhrdtk

【JC】ヘルスメンテナンスの推奨度(Ann Fam Med. 2017 Jan;15(1):14-22)

今年度よりJPCA関東甲信越ブロックで行っている総合診療プログラム専攻医を対象としたオンラインレクチャー、第2回目のテーマ「ヘルスメンテナンスだ」の中で紹介されていた論文です
https://www.facebook.com/groups/302513727999950/

Updated Priorities Among Effective Clinical Preventive Services
Ann Fam Med. 2017 Jan;15(1):14-22
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28376457/

ヘルスメンテナンスの推奨度を点数化する試み
予防医療の優先度を「clinically preventable burden」「cost-effectiveness」の2項目,各項目5点満点で点数付けし合計点で評価したもの
(点数の根拠は原著のTable1)

10点:小児の予防接種,若年者の喫煙予防カウンセリング,若年者の喫煙のスクリーニングと短時間のカウンセリング
8点:心血管イベント高リスクへのアスピリン,アルコール使用のスクリーニングと簡易的な介入,子宮頸がんスクリーニング,大腸癌スクリーニング

7点:クラミジアと淋菌のスクリーニング,脂質異常症スクリーニング,高血圧スクリーニング
6点:AAAスクリーニング,心血管疾患高リスクの人の生活指導,HIVスクリーニング,HPVワクチン,インフルエンザワクチン,肥満スクリーニング,梅毒スクリーニング
5点:乳癌スクリーニング,うつスクリーニング(12歳以上-成人),小児の肥満スクリーニング,肺炎球菌ワクチン
4点:帯状疱疹ワクチン(60歳以上),骨粗鬆症スクリーニング
3点:葉酸内服(挙児希望)
2点:破傷風トキソイドブースト(10年毎),髄膜炎菌ワクチン
 

一部は国の違いや現時点でのエビデンスでは微妙なものもありますが...ヘルスメンテナンスの項目の優先度,臨床的に大事な視点で勉強になりました!!
個人的には喫煙介入の優先度の高さと骨粗鬆症の推奨の低さに驚きました。。。