ある病院総合診療医の備忘録+α

関東在住の総合診療医・老年病専門医です。日々の学びの書き留め用に。 Twitterもはじめました。 @GHhrdtk

【JC 流し読み】高齢者の薬剤に関してのupdate@2018

Medication Use Quality and Safety in Older Adults: 2018 Update
J Am Geriatr Soc. 2019 Dec; 67(12): 2458–2462.

①Effect of a Pharmacist-Led Educational Intervention on Inappropriate Medication Prescriptions in Older Adults: The D-PRESCRIBE Randomized Clinical Trial
JAMA. 2018 Nov 13;320(18):1889-1898.

地域居住の高齢者における不適切な薬物投与の中止について、薬剤師主導の教育的介入は半年後に不適切な薬剤の処方を有意に減らした(43% vs 12%)

②Anticholinergic drugs and risk of dementia: case-control study
BMJ. 2018 Apr 25;361:k1315

ACBスコア3の抗コリン薬の処方は認知症のリスクであった(OR 1.11)
スコア3の薬を多く処方された人は認知症のリスクがたかかった
最高容量だとスコア2の抗コリン薬で認知症発症 OR 1.57,スコア3はOR 1.31
抗うつ薬,泌尿器科薬,抗パーキンソン薬への曝露が多いほど認知症リスクが増加した

③Antihypertensive Medication Regimen Intensity and Incident Dementia in an Older Population
J Am Med Dir Assoc. 2018 Jul;19(7):577-583.

高齢者における降圧薬の使用の積極的な使用は、認知症の発症率の低下と関連している可能性がある

④Effect of Aspirin on Disability-free Survival in the Healthy Elderly
N Engl J Med. 2018 Oct 18;379(16):1499-1508.

健康な高齢者に対するアスピリンの使用は5年間の障害がない生存期間の延長はなく,プラセボと比較して大出血の発生率が多かった(HR 1.38)